カテゴリ:Up( 28 )

マンダラ

集中3日目の最後に自分の誕生日を祝ってもらった

といっても、実際の誕生日ではない
今日、ここでその時に生まれ変わる誕生日
いろんな人から命の次に大切なものを
言葉によってプレゼントされた
そして、いろんな励ましの言葉を言ってもらった

自分は人のために頑張りすぎ
だからもう少し自分中心でもいいんだよ
自分のことをそんなに抑えなくてもいいんだよって
今日も涙を流した

そんな誕生会の後
最後の授業は3日間の最後のしめくくりとして
マンダラを描いた
今、自分が思うこと、表現したいこと
それを1枚の絵にしていく

そこではじめてインナーチャイルドに正面を向かせてあげられた
壁からちょこっとしか出てないけど
麦藁帽子を深くかぶって顔は良く見えないけど
それでも、あたしの前に姿を現してくれたことがうれしかった
ひょんなことで、壁の向こうに引っ込んでしまうかもしれない
でも、1度表に出ることができたあの子なら
きっとまた顔を出してくれると思う

3日間ずっと一緒だったバディにも
やっと正面が向けたねって
すごい勇気を振り絞ったんだねって言われて
自分の中から涙がとめどなく流れた

この3日の授業で自分の心の中に大きな変化が生まれた
一番はインナーチャイルドと向き合えて
抱きしめてあげることができたことだと思う

この先、まだきっと辛いことがあると思う
でもあたしには勇気を持ったインナーチャイルドがいる
だからもう少しだけ自分も勇気を持てたらいいな。。。。
[PR]
by nanarim | 2005-06-19 11:36 | Up

家事

昨夜、寝すぎたので
朝まで起きててそれから行動開始
ゴミ捨てに行って、洗濯して
部屋の片付けをして。。。。

挙句の果てには
部屋のLUNケーブルを天上に這わせて
部屋の反対側に設置

良く動いた1日
疲れて、12時前にはうたた寝しちゃって
朝方覚醒
一応薬は飲んだけど
今日は夜になっても落ちることはなかった

毎日こうだといいのになぁ。。。。
[PR]
by nanarim | 2005-06-09 07:45 | Up

自信

実家に帰って、切ることができなくなって
友達にそのことについて、懺悔話をした

彼女は自分も同じ病をかかえているから
あたしがやってしまう行動を理解はできるけれども
やはり反対してくれた
「今度やったら、自分も切ります」
この言葉を言われた時に、すごくありがとうという気持ちでいっぱいになった

こんなあたしのために、そこまで考えてくれる彼女
一度ODしそうになった彼女をあたしが止めたことが
今度は自分が止めてあげる番だと思ったのだろうか
ほんとうにありがたかった

それから彼の話をして
少し元気が出てきた
よし、絶対にこの恋は手放さないぞと
一緒に治そうって言ってくれた彼の言葉を信じて
あたしは少しだけ前向きになれた気がする
[PR]
by nanarim | 2005-05-27 04:07 | Up

日曜日

今日はすこし気分もいい
昨日、ひどい頭痛になやまされたけれど
どうやら大丈夫なようだ

ブラインドを上げ、外の空気を取り入れてみる
いいお天気
少し気分もいいので洗濯や部屋の片付けなんかしてみる
先月引っ越してからなかなか片付かないこの部屋
どうせ自分ひとりの部屋なのだから
ゆっくりと片付けようと思っていたら
あっという間に1ヶ月
やはりここは、気分のいい日になるべく進めておきたい

今日は昼過ぎから
カウンセラーの元で
アートセラピーの講習会がある
人前に出るのはちょっとしんどいが
片付けが人段落したら、出かけるとしよう
[PR]
by nanarim | 2005-05-15 12:31 | Up

アートセラピー

23、24とアートセラピーの初授業だった
思っていたよりすんなりと中に入ることが出来た
大学からの付き合いの友人も一緒にいるせいだろうか

ここのカリキュラムが終了するまでに
自分は一体なにを見つけられるのだろうか
不安はあったが、意外とハードな講義内容で
瞬く間に通り過ぎた2日間だった

ハードだったのがよかったのか
興味があることだからよかったのか
または、久しぶりの講義を聴きながらの勉強がよかったのか
わからないが、その間はうつうつすることもなく
すごく楽しい気分で過ごせた気がする
もっと、自分の知らないことを吸収したいという
「意欲」というものが
久々に顔を出したようだ
d0048201_761487.jpg

[PR]
by nanarim | 2005-04-24 21:29 | Up

状況改善

両親と共に、カウンセリングを受けに行った
そこで、とりあえずは色々な話が持ち出され
自分の環境がかわることになった

まずは引越し
同居人との2人暮らしから一人暮らしへ

仕事も出来ない状況なため
どうせならということで
興味のあったアートカウンセリングの勉強のため
学校へも通うことになった
カウンセラーになりたい訳ではなく
自分自身が見つけられたらという思いだ

両親に援助してもらうことは申し訳ないが
ここで、自分のリセットができたらいいなと思っている
[PR]
by nanarim | 2005-03-11 22:49 | Up

母親

実家に電話をしてみた
母親と少し話しをして、自分がうつ病であることを告げると
正月帰った時になんとなく気がついていたという
思ってもいない反応だった

カウンセラーと母親が連絡を取り
後日、両親を含めて3人でカウンセリングを受けることになった

親に告げることによって
いろいろな負担が減った
大きかったのは経済的負担だ
何よりも、理解がある母親であったことが
自分の中で救われた気がする
[PR]
by nanarim | 2005-03-05 20:53 | Up

進展

最近、親友の叔母のところへカウンセリングに通っている
正直、カウンセリングなんか受けたところで
この病気は治るとは思っていなかった

カウンセラーと話をしていくうちに
親に相談するといいという結論がでた
でも、自分からは話をしにくい
なので、カウンセラーが間に入ってくれることになった

なんとなくそれだけのことで
自分の重みが軽くなった気がした

今夜、電話をしようと思っていたが
やはりすることができなかった
明日、親に電話をしよう。。。。
[PR]
by nanarim | 2005-03-04 23:27 | Up