ギャンブル

自分の行き先を失ってしまった自分
大きな支えであり、手を差し伸べてくれた彼は
もうあたしのところへは帰って来ない
彼に振られてしまったあたしを
友人が励ましてくれようと、ギャンブルに誘ってくれた
だから、朝からギャンブル三昧

昨夜は眠剤を飲んで泣きながら眠りについたのに
いつもより効きが短かった
10時半に目覚める
ひどい顔だ
泣きはらした目のまま11時には家を出て
友人2人とそのうちの1人が勤めるパチンコ屋へ

無心になって大海物語打ってました
友人と2人でリーチ!とか叫びながらむりやり笑顔を作って。。。。
何度泣きそうになって、笑顔を作ったことか
でも、体は正直ですね
ランチに食べたハンバーガは全部もどしてしまいました
仕事が終わる8時までひたすらパチンコ
地元の駅についてから今度は3人でスロット
自宅へ帰ってきてからは3人で麻雀(1人だけ2役)

すごく楽しませてくれて
久々にこんなに笑った気がする

でも、また一人になると落ち込むのは変わらない
あたしの元へは支えだった彼は戻っては来ないのだ
そう、別れを告げられたから
彼にとっても大きな決断だったのだろう
あたしがこんなふうだから、何度心配させたことか
彼の心配もしてあげたいけど
今は自分が間違った道へ進まないようにするのが精一杯。。。。
[PR]
by nanarim | 2005-05-20 04:54 | Normal
<< PalmCut 道しるべ >>