アートセラピー

23、24とアートセラピーの初授業だった
思っていたよりすんなりと中に入ることが出来た
大学からの付き合いの友人も一緒にいるせいだろうか

ここのカリキュラムが終了するまでに
自分は一体なにを見つけられるのだろうか
不安はあったが、意外とハードな講義内容で
瞬く間に通り過ぎた2日間だった

ハードだったのがよかったのか
興味があることだからよかったのか
または、久しぶりの講義を聴きながらの勉強がよかったのか
わからないが、その間はうつうつすることもなく
すごく楽しい気分で過ごせた気がする
もっと、自分の知らないことを吸収したいという
「意欲」というものが
久々に顔を出したようだ
d0048201_761487.jpg

[PR]
by nanarim | 2005-04-24 21:29 | Up
<< セラピストの卵としての自分 引越し完了 >>