インナーチャイルドと詩

朝、7時ぴったりに自然に目が覚めた
眠剤を新しくしたのだ
寝覚めもよければ眠る時間もちょうどいい
授業中も眠くなかった
しばらくこの眠剤でいこうと思う

学校の授業でインナーチャイルドに会った
去年の今くらいの時期にも日記に書いたが
あたしのインナーチャイルドは小学校低学年くらいの女の子
去年より少しだけ成長していた

この、学校の集中3日が終る頃には
もう少し成長しててほしいなって思う

そして、学校で今日教わってきた詩を書こうと思う
これも、去年の今ごろに書いたかな

「わたしと小鳥とすずと」

わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんなうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。
[PR]
by nanarim | 2006-06-17 00:26 | Up
<< 感情 病院 >>