朝の眠り

朝方まで話をしていて
2人でねむることになった
知らない人ではないし、学校でハグする仲ではあるが
やっぱりなんかされたらいやだっていう警戒心からか
眠剤を飲むことができなかった

案の定、ちょっと襲われそうになったけど
拒否したら何もしてこなかった
結局はただ手をつないでいただけ

隣にだれかがいて、手を繋いで眠る
そんなことは久しぶりだった
でも、その心地よさは何よりも安堵を覚える

あー、襲ってこなくて
手だけ繋いで寝てくれる人いないかしらw
[PR]
by nanarim | 2005-09-13 04:41 | Normal
<< やっぱりダメか 語り >>